様々な温度の水を作ることができる

ウォーターサーバーを利用することのメリットとしては、水で有名な地域の水を自宅や職場で手軽に楽しむことができること、あるいは成分調整された安心して飲むことができる水をいつでも利用することができることはもちろんのこと、いつでもよく冷えた水を利用することができることです。

ウォーターサーバーの機器においては、専用のボトルから取り込まれた水を電気の力を利用して冷やす、あるいは温めています。そのため、コックをひねるとよく冷えた冷水が出てきます。あるいは熱湯が出てきます。そのため、お風呂上がりのときなど、ウォーターサーバーの冷水をすぐに飲むことができます。

また、熱中症対策にも有効であると言えます。暑い場所で仕事をする場合、休憩所にウォーターサーバーが設置されていて適宜水分補給を行うように指導されている企業もあります。

また、ウォーターサーバーの冷水を同じくウォーターサーバーの熱湯と組み合わせることによってさまざまな温度の水を作ることができます。また、お酒の水割りを作るときなどにも便利であると言えます。

冷蔵庫で冷やすよりも経済的

冷水を作るためにも電気が使用されることから、電気代がどのくらいになるかということがありますが、常温の水を冷蔵庫で冷やすことを繰り返すことを考えるとウォーターサーバーを利用することの方が経済的となっています。

また、冷水の温度を設定することができる ウォーターサーバーの冷水機能を活用してカスタマイズすることもひとつの方法です。

コップ画像

最高品質のお水

驚いてしまいますが、クリティアは自然の中に見られる「玄武岩地層」という地層が数十年もの時間をかけて、急ぐことなく生み出した、最高品質のお水と言えます。
六甲のおいしい水などの軟水が好きな日本人がいちばん味がいいと満足するお水の硬度は30位。現実的に、アクアクララの硬度はなんと29.7。ソフトな口当たりで申し分ありません。

世界遺産となった富士山の周辺を厳選して採取したこだわりの天然水。長い時間を経て自然の中で濾過されたクリティアの軟水は、口当たりがやさしく、いいバランスでミネラル成分が入っていると言われています。
言うまでも無く、クリクラでレンタルする専用サーバーは、温度の高い湯と低い水が使えて便利。思い立った時においしい冷水が飲めます。ココアに利用する手もあります。自由自在な利用の仕方で、楽しい暮らしを実現しましょう。
見過ごすわけにいかない放射能汚染や環境ホルモンの問題など、進む水質汚染が懸念されるこの時代、「本当にいいお水を子供に与えたい」という親がたくさんいて、管理がしっかりされているウォーターサーバーが大ヒット中なのです。

気をつけていただきたいのですが、ウォーターサーバーを検討するときは、最初に請求される価格のみで比較するのではなく、宅配水の価格、ひと月にかかる電気代、保守料金も確かめて、トータルに比較してください。
アルペンピュアウォーターという会社が設定しているサーバーレンタル料金は1年でたったの7200円、水の宅配料金は1ボトル12リットル入りでなんと995円と、口コミ比較ランキングではたくさんあるウォーターサーバーの中でもっともお得というのは確かです。

実態をみると、ウォーターサーバーの装置の購入代金はただの会社が大半で、いわゆる価格の違いは宅配水の種類とボトルの性能の差から生まれると思います。

メインメニュー